歯を失ったときの治療法のひとつに顎の骨に穴をあけ人工歯根を埋め込むインプラントがあります。人工歯根があごの骨にきちんとつくのをまってから型を取り、固定式の歯を入れます。取りはずしの入れ歯と違って、違和感もなくよく噛めますが、手術後、歯が入るまで約3〜6カ月の治癒期間が必要です。imp_r2_c3.jpg
従来の入れ歯やブリッジと違い、安定感のある噛み心地で自分の歯と同じように物を噛むことができるようになります。インプラント後のメインテナンスも重要です。

インプラントとは具体的に上部構造、アバットメント、フィクチャーにより構成されています。上部構造とは白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。次に、アバットメントとはフィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。
最後にフィクスチャー直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。チタンは、非常に生体親和が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます

imp01.jpg00301_01imp-no-kouzou.jpg

・入れ歯(義歯)がガタついたり、気になって食事がまずい。
・思うように噛めず食べるものが限られてしまった。
・入れ歯が動くため発音、発声がおかしくなり、話にくくなった。
・営業職、調理師、タレントなど職業的、審美的に入れ歯では困る
・入れ歯を入れることが精神的に負担になっている。
・事故などで歯が折れたり抜けてしまった。
・楽器の演奏に不自由を感じる。
・いつまでもキレイな歯並びをキープしたい

1. 【カウンセリング】

初診時にカウンセリングを行います。検査と治療方法の計画を立て、詳しくご説明いたします。インプラント治療は非常に近代的であると同時に高額な治療です、したがってどのような小さな疑問点でもお気軽にご相談ください。患者様との信頼関係こそが一番大切であると考えています。

2. 【オペレーション(手術)】

まず、麻酔をかけ、インプラントの植え込み手術をいたします。インプラント材の上に人工の歯を取り付けます。治療後は、毎日の歯磨きを欠かさず、年に2〜3回再検査のため来院していただきます。インプラント治療後もアフターケアが大切です。患者様との密なコミュニケーションを心がけておりますので治療後のどのような点もご相談ください。インプラント治療法は、両側の歯を削らなくてすみ健康な歯を保護し、よく噛めるようになり、見た目も良くなります。



まず、麻酔を適切に行なった後、外科的処置でインプラント治療をする箇所に穴を開けさせていただきます。次に、外科的処置をした箇所にインプラントの土台となるフィクスチャーを顎の骨に打ち込みます。一度、ボルトがきちんと埋め込まれたかを確認し治癒するのを待ちます、これは二回法での手術過程です。支台となるアバットメントを取り付けます。スクリューを取り付けた後に、上部構造(義歯)を取り付けます。

Q.インプラントの治療期間はどれくらいですか?
年齢や口膣内の状態によって異なりますが、約3ヶ月〜6ヶ月程度です。

Q.インプラントはどのくらい持ちますか?
その人の健康状態(口膣内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが大変長く持つ方もいらっしゃいます。

Q.治療が受けられる年齢は何歳くらいですか?
骨の成長が止まる16歳から75歳ぐらいまでですが、健康状態によっては、それ以上も可能です。

Q.人体への影響は?
インプラント材は生体適合性の高いチタン合金を使用しています。また、強度が高く骨内で腐食することはありません。

Q.インプラント治療は痛いですか?
的確な麻酔をしますので痛みはありません。

Q.費用はどれくらいかかりますか?
健康保険は適用できません。治療方法によって手術費や材料費が異なりますので、詳しくは当医院の歯科医師にご相談ください。



一般的に、歯を失ったときの治療法には
【ブリッジ、入れ歯、インプラント】が挙げられます。
それぞれの治療法のメリット、デメリットについてまとめました。

◎メリット
・自分の歯と同じように噛むことができ、違和感は少ないです。保険がききます。

△デメリット
・健康な歯を削らなければならない。
・ブリッジと歯の隙間に食べかすがたまりやすく、衛生上問題になる場合がある。
・両隣の歯を大きく削る必要があります。
・また、負担も今まで以上にかかります。奥に歯がないとブリッジには出来ません。
・奥歯の保険内ブリッジは、全体が銀色で審美性に劣ります。

◎メリット
・歯を削ることなく、歯型を採るだけで、比較的簡単に治療が受けられます。
・基本的には保険がききます

△デメリット
・歯ぐきの上に大きな台が付きますので、異物感を感じる人もいます。
・噛む力が弱くなるので食べれる食事の選択肢が狭まります。
・着用時に歯ぐきにすり傷などの痛みが出るときがあります。
・保険内の部分入れ歯はバネ式ですので、他に比べると審美性に劣ります。
・入れ歯の衛生面での管理が大変です。

◎メリット
・比較的違和感がなく固いものを噛むことができるようになる。
・審美的に優れている。
・残っている歯に過度な負担をかけずに独立した歯として使えます。
・本来の歯とどうように手入れ可能である。
・かみ合わせが整いやすい。

△デメリット
・インプラントを埋め込む手術が必要です。
・保険適用外のため高額になってしまいます。
・治療期間が比較的長くかかります。
・誰もがインプラント治療可能なわけではありません。
・全身状態、骨の状態等の詳細な検査が必要です。

インプラント画像.png

インプラント治療は画期的かつ非常に良い治療法ですが、保険適用外ゆえ自費治療となってしまい、費用は高額になってしまいます。だからこそ、以下の事項をきちんと実行し、患者様と信頼関係を築いた上で治療することが大切であると考えております。

①患者様に対する綿密なカウンセリング
②確かな技術で確実な手術
③インプラント治療後のアフターケアの充

以上の三点を大切にしていきたいです。ご質問、ご相談などあればどうぞご気軽にお尋ねください。