一般歯科では主に虫歯治療歯周病治療を扱います。昔まで、歯を失う原因は、虫歯が第1位でした、しかし、最近では、歯周病虫歯を追いぬいて一位となりました。私たちの食生活が変わったということが理由としてあげられます。非常に柔らかく食べやすくなった反面、固いものをあまり食べなくなり、結果的に噛む回数なども減少しました。歯周病は虫歯と違いあまり痛みがなく、本人に自覚がないまま症状が進行してゆくのが特徴です。歯垢が歯周病の原因の一つではありますが、多くの複合的要因によって発症します。成人の80%が何らかの歯周病といわれる現代で、歯周病は、歯医者での治療はもちろんですが患者様自身の予防がもっとも重要です。定期的な歯のメインテナンスが一番の歯周病の予防策ではありますが、ブラッシングの方法を変えるだけで歯周病・虫歯の予防をすることができます。ブラッシングの適切な方法などにつきましても、ご要望がありましたら、院内でご指導いたします。また、虫歯に関しては軽度な順からC1→C2→C3→C4というレベルがあります。歯が根っこだけになっている重度なC4レベルの虫歯は、今までは抜歯が多いようでしたが、今現在では根っこがしっかりしていれば高い確率で補強して残すことができます。 持てる技術を駆使して最小限の痛み、なるべく削らずに必要最低限の治療を心がけています。

yobousan-02.jpg

正しい歯磨きのやり方についてはこちらをご参照ください。

 一般的には、歯が痛くなってから、治療を受けている方が多いですが、これからの歯科治療は、歯が悪くなる前に、健康な状態を保つ事が大切と考えています。予防歯科とは虫歯や歯周病にならないように、歯科医院でのケアや、家でのケアをすることをいいます。基本的には毎日しっかり歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができます。しかし、「きちんと磨いている」「きちんと磨けている」とは違います。ご家庭で歯を磨いている人は、たくさんいますが、しっかり磨けている人はあまりいないようです。予防歯科では、歯のお掃をすることで、口の中をより良い環境にし、虫歯や歯周病の予防を目指します
また、ご家庭ではどうしても落とせないような汚れを、歯科医院でPMTCと呼ばれる歯のクリーニングで専用の器械や薬剤を使って落としてimaeges.jpg
正しい歯の磨き方の指導を受けることが予防歯科への近道といえるでしょう。したがって、定期的な歯石の除去、口内チェック等の歯科検診は予防歯科の観点から非常に大切であると考えます。

 PMTCとは "Professional Mechanical Tooth Cleaning" 略称であり、日本語へ直訳するならば「専門家による機械を用いた歯のお掃除」とでもいうのでしょうか。歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)を行ないます。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。もちろん患者様個人での歯磨きも大事ですが、なかなか磨きにくい歯と歯の間、歯と歯の境目などは虫歯もできやすい箇所なのでPMTCでは個人での歯磨とは違い非常に効率的に歯のお掃除をすることができますので特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

【PMTCの効果】
scaling-after.jpg
虫歯の予防
◯歯周病・歯肉炎の予防
◯歯をリフレッシュし、口臭の予防にもなります
◯歯の輝きが増す
◯フッ素を塗ることによって歯質の強化

自分でやる歯磨とは違い、爽快感あふれるさっぱりとした感じが得られます。
患者様自身での口腔ケアと定期的な歯科医院でのPMTCは患者様の歯の健康の維持に大きく貢献するものと考えております。

 レーザー治療は新しい研究領域のため、つぎつぎと
新しいレーザー治療の利用法が生み出されています。
従来では不可能と言われていたこともレーザー治療によって可能に なってきています。歯科においてもレーザー治療は歯周病治療やメラニン除去
による審美 歯科、口内炎の治療や根管治療などにも幅広く活用されてきています。

【レーザー治療のメリット】dental_laser.png
レーザー治療の主な利点は、通常の治療と比べ痛みが少ないため麻酔の使用量を極力少なくすることができることや、殺菌、止血効果が高く、術後の痛み、腫れが少ないという点です。また、瞬間的に照射を 行う治療のため出血や傷跡が残ることは比較的に少なく、副作用もありません。