Q1:なぜ、歯科医院に何度も通う回数が多くなってしまうのですか
歯の治療に関しては様々で一概に〜であると答えるのは難しいですが、例えば虫歯の治療については軽度なものであれば一日もしくは短期間で終わります。しかし、神経まで虫歯が達しているような重度なケースでは消毒をしたり慎重に複数回に分けて治療しなければなりません。このようなメンテナンスは比較的短時間で済む代わり数回に分けて来院していただく形となるのでそう感じてしまう患者様もいると思いますがご理解いただきたいところでございます。
歯の被せ物、入れ歯の型作りなども噛みあわせなどの調整が必要となりますので一定の期間をいただきます。
また、歯垢取りなどでも保険診療では〜回に分けてしなければならないというルールがあり、来院が複数になってしまう場合もございます。
Q2: 虫歯は特にないのですが、歯垢取りのみで来院しても大丈夫ですか
もちろん大丈夫です!痛みを感じる虫歯がなくとも、定期的な歯科検診、歯垢取りなどの患者様の歯のメインテナンスは予防歯科で一番大切なところです。PMTCのような歯全体のクリーニングなどがおすすめです。

Q3:歯周病や虫歯を予防する為にはどれぐらいの頻度でチェックするのがいいですか?
個人差はありますが、患者様ご自身によるケアに加え、歯科医院でのケアは一ヶ月ないしは2ヶ月に一回程度のペースをおすすめいたします。
Q4: 詰め物やクラウン、入れ歯にも様々な材料があります、どれがよいのでしょうか?
セラミック、金属、レジンなど様々な歯科材料がありますが、それぞれ良い点・悪い点があります。患者様の症状、歯型、ご希望と合わせて患者様にとってどれが一番よいのか患者様と歯科医師と話し合い患者様がご納得いただいたものが一番だと考えています。

Q5:親知らずは抜いたほうがいいのでしょうか?
親知らずが正常に生えていて特に痛みを感じ無い場合は抜く必要はないですが以下のケースでは抜いたほうが良いです。
①日常的に親知らずが痛い
②歯ブラシが親知らずまで届かず虫歯になってしまった
③親知らずが斜めに生えてかみ合わせに影響がある場合
Q6: インプラント治療はだれでもうけれますか?
インプラント治療の前に検査をうけていただきます、年齢、全身状態、あごの骨の状態によってはインプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。

Q7:たばこのヤニが気になります、どうすればとれますか?
PMTCがおすすめです、お口の中全体をクリーンにできるだけでなく、虫歯、歯周病予防にもなります。さらに、白い歯がという方はホワイトニングをおすすめいたします。
Q8: レーザー治療ってどうなんですか?
レーザーを照射することにより、虫歯になりにくいことが知られています。
虫歯になりやすい箇所に集中してレーザーを照射し、歯の表面を処理します。歯垢が付きやすく取りにくい場所では、レーザーによる虫歯予防が効果的です。

Q9:ホワイトニング治療時は痛みますか?
痛みはほとんどありません。
Q10: 銀歯を目立たなくする方法はありますか?
付けて頂いている銀歯を外して、セラミック等審美的な詰め物に変えることによって、自然な歯の色と同じようになります。
Q11:保険診療と自費診療の違いは?
保険診療とは、厚生労働省の保険制度のもとに治療をすることです。メリットとしては患者様は治療費の一部のみの負担となるため、費用が安くすみます。しかし、保険診療内では国により定められたルールがあり、治療内容や使用する材料の制限があります。自費診療は、国の制度に依存しない治療で、原則的に治療費は患者様の自己負担となります。ただし、治療内容や材料には制限はなく、治療に使う金属、陶器などの選択肢が増え、保険診療で使われるものよりもより良質なマテリアルを駆使した治療が可能となります。
Q12: 金属アレルギーがある場合はどうすればよいのでしょうか?
金属アレルギーをお持ちの患者様には、極力金属を使わない治療を心がけております。